2010年06月18日

<平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)

 無実を訴えながら1987年に95歳で獄中死した「帝銀事件」の平沢貞通元死刑囚が制作した金屏風(びょうぶ)「狩勝大観」を、養子の平沢武彦さん(51)が東京都内で見つけた。逮捕前の画家時代の作品で、元々は北海道小樽市内にあったが、約60年前から所在が分からなくなっていた。武彦さんは「平沢の代表作の一つ。本人が一度も帰れなかった故郷の小樽で展示したい」と話す。

 平沢元死刑囚は少年時代から画才を発揮し、上京して横山大観に師事。二科展や帝展で入選するなど、中央画壇でも認められた。

 「狩勝大観」は25年、小樽市内の料亭の依頼で制作した六曲一双の金屏風。右隻と左隻が各縦174センチ、横349センチの大作で、北海道中部の狩勝峠から一望したパノラマを躍動的な構図で描いている。平沢元死刑囚が48年に逮捕されたあと、料亭が手放し、所有者は転々としたらしい。

 武彦さんは89年から各地の美術館や古美術商を訪ね、これまでに60点を入手。「狩勝大観」については、「入手した」という東京都内の画廊から知らせを受け、購入を決めた。武彦さんは「平沢の画家としての力量を正当に評価してほしい」と話している。【網谷隆司郎】

<琵琶湖>生態系に変化 過去100年分、生物の遺骸を分析(毎日新聞)
<参院選>民主党、沖縄選挙区で独自の候補擁立断念へ(毎日新聞)
機密費、平野氏から説明受ける=仙谷官房長官(時事通信)
日本振興銀行 警視庁、銀行法違反容疑で本格捜査へ(毎日新聞)
<南アW杯>早くも「勝利効果」 ブブゼラ完売、代表グッズ好調(毎日新聞)
posted by キツタ ミツオ at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。