2010年03月02日

都教委、都立高で近現代史特化の科目「江戸から東京へ」を導入へ(産経新聞)

 東京都教育委員会は25日、平成24年度からすべての都立高で日本史を必修化し、東京の近現代史に特化した独自科目「江戸から東京へ」(仮称)を新設して23年度から一部の高校で導入することを決めた。

 都教委によると、24年度の新入生から「日本史A」「日本史B」「江戸から東京へ」のうち少なくとも1科目を選択する。「江戸から東京へ」は、江戸開幕から現代までの東京の歴史について学ぶ内容。22年度中に独自教科書を製作する。

 現行の学習指導要領では「地理歴史」のうち、必修科目は世界史だけで、日本史と地理については選択科目。25年度から始まる新学習指導要領でも必修は、世界史のみとなっている。

 都立高の半数近くでは、すでに校長判断により日本史を必修科目としており、都教委は「郷土愛をはぐくみたい」としている。

 日本史の必修化は、横浜市が22年度、神奈川県が25年度の導入を決めている。

【関連記事】
日教組教研、朝鮮人虐殺で根拠ない「6600人」
都立校で日本史が必修科目へ 早ければ来年から
もう一度学びたい…大人向け歴史教科書の売れ行き好調
沖縄戦集団自決 「検定に政治介入なかった。検定意見は堅持」と川端文科相
【エディターズEye】中学受験 まずは適性の見極めを

裁判員裁判で初の死刑求刑か 男女強盗殺人、午後選任手続き 鳥取地裁(産経新聞)
「都市型軽費老人ホーム」の整備補助で説明会―東京都(医療介護CBニュース)
五輪招致の赤字6.9億円に=活動報告書を公表−東京都など(時事通信)
【集う】日本文化による国際貢献を考える研究会(産経新聞)
「プラス改定、素直に喜びたい」−全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
posted by キツタ ミツオ at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。