2010年02月08日

TBSゴールデンに韓国ドラマ 「経費削減のため」は本当か(J-CASTニュース)

 TBSがゴールデンタイムにイ・ビョンホンさん主演の韓国ドラマ「アイリス」を放送する事を決めた。TBSが地上波のゴールデンタイムに海外ドラマを持ってくるのは初めてで、韓国メディアは「我が国のドラマが日本のゴールデンに進出」と書き立て、日本のメディアは「ドラマが作れず白旗を揚げた」「韓国ドラマで経費削減」などと酷評した。ただ、TBSに話を聞くと、真相は全く違うのだという。

 「アイリス」は2009年10月から12月にかけ韓国の公共放送KBSテレビで放送されたスパイアクションドラマ。日本、中国、ハンガリーなど長期の海外ロケを行い、制作費は日本円で15億円。韓国での最高視聴率は39.9%も獲得した大人気ドラマ。日本は秋田県がロケ地となり、白竜さん、笛木優子さんなど日本の俳優も出演している。10年4月から毎週水曜日21時から放送される。

■海外の人気ドラマを流せば経費は半分以下?

 民放キー局がゴールデンに海外ドラマを持ってくるのは極めて異例。「アイリス」のゴールデン放送が決まるとネットでは「なぜ日本のドラマを流さないのか」といった批判が起きた。掲示板「2ちゃんねる」では、

  「番組制作する気が無いなら、電波を総務省に返還した方がいい」
  「これはもう、ヤケクソだろうwwwwww」

などという書き込みがたくさん出た。

 「週刊現代」は10年2月13日号で、TBSは「水曜に続き火曜も『視聴率1ケタ』の危機」というタイトルの記事を掲載した。2010年1月19日の火曜日は全ての番組の視聴率が1ケタ台。不況も相まって様々な番組でスポンサーが降板。民放の4位が定着しつつあるジリ貧のTBSはそんな「魔の水曜日」のゴールデンに「アイリス」をぶつける、と書いている。

 その理由を、TBS関係者の話として、

  「ゴールデンのドラマの制作費は1話4000万円ほどだが、海外の人気ドラマを流すだけなら経費が半分以下で済む」

などと説明している。

■「アイリスは自社制作のドラマ」とTBS

 また、

  「自前で面白い番組が作れないと白旗を上げたのも同然」

とし、TBSでは斬新なドラマを作りたくても、失敗を恐れ、企画を立ち上げることができないのが現状だ、と断じた。

 本当にTBSはドラマが作れなくなってしまったのだろうか。同局番組宣伝部に聞いてみたところ、今回、海外ドラマをゴールデンに持ってくるのは初めてだが、メディアが報じている内容には間違いがあり、

  「アイリスはTBSが出資し、制作したTBSのドラマです。それは、制作委員会メンバーにTBSの名前が刻まれていることでわかると思います」

と指摘する。韓国で大ヒットを記録したわけだから「面白い番組が作れない」などということはない、とも力説した。また、経費節減についてはこう話した。

  「15億円全てを出資したわけではありませんが、日本で新作ドラマを作るより、はるかに高額な費用がかかっています」

 破格の制作費をかけて大作に仕上がった「アイリス」。韓国で大ヒットしたのを受け、ゴールデンにぶつけることを決めたのだそうだ。


■関連記事
オバサマは「ヨン様の聖地」 埼玉の高麗神社を目指す : 2008/06/09
「韓流」ブーム終わった 映画観客、旅行者がた落ち : 2007/02/15
TBS警察呼ばず、犯人国外逃亡 「ブラック紙幣」詐欺番組で論議 : 2009/12/07
若者あつめる「韓流レトロ居酒屋」 27歳経営者が語る「人気の秘密」 : 2008/01/23
「探偵!ナイトスクープ」 初ゴールデンが「コケた」理由 : 2009/03/21

将棋 74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢(毎日新聞)
<朝青龍関>「残念」愛知・蟹江の高砂部屋宿舎(毎日新聞)
<企業献金>与野党に温度差 規正法改正が焦点に(毎日新聞)
安保50周年 本質外れた反対運動、呪縛から思考停止に(産経新聞)
追及1年、巨額資金暴く=「本丸」到達せず−東京地検・小沢氏不起訴(時事通信)
posted by キツタ ミツオ at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

天皇陛下「夜のご執務」相次ぐ 夕方の閣議、書類到着も遅くなり…(産経新聞)

 天皇陛下の夜間のご執務が相次いでいる。体調不良を訴えた2日も、静養中の皇居・御所で、午後9時ごろまで書類の決裁をされた。通常国会が開会した1月18日以降、内閣が意思決定する「閣議」が夕方に開かれるケースがみられるようになり、皇居に書類が届く時間が遅くなっていることが原因だ。陛下が平成20年12月に体調を崩されて以降、宮内庁はご負担軽減策を検討しており、夜間のお務めの常態化を懸念する声も出ている。

 陛下が葉山御用邸(神奈川県)での静養を取りやめ、週末まで御所で静養されることが宮内庁から発表された2日は、午後5時半すぎに閣議が終了。書類は通常執務をしている宮殿ではなく、陛下が静養されている御所に運ばれた。陛下は5件ほどの書類に目を通し、署名するなどして決裁された。終了したのは午後9時ごろだったという。

 執務とは、閣議で処理された書類を天皇が決裁する公務のことで、憲法で定める「天皇の国事行為」に基づいて行われている。このため宮内庁は、通常閣議が行われる毎週火、金曜は、午後の早い時間から夕方まで、極力ほかの予定を入れないよう調整している。書類には公布を控えた政令などが含まれており、陛下は原則としてその日のうちに執務に臨まれる。

 ある政府関係者は是非論は別にしたうえで、「自民党政権では、閣議前の事務次官会議で案件が調整され、閣議は午前中に短時間で終了するのが慣例だった。最近は時間が遅いので、われわれより陛下が大変で、影響を受けられている」と話す。朝に閣議を行わないのは、民主党政権になり閣議の時間が長くなったことに加え、朝に大臣らが国会答弁のための勉強をするといった理由という。

 閣議が午後5時すぎに終了した1月22日は、陛下は夕方から皇后さまと東京都渋谷区で狂言を鑑賞する予定が入っていたため、陛下は終了後に宮殿にそのまま向かい、午後9時15分ごろからご執務。同様に、午後6時すぎに閣議が終了した26日も、陛下は夜間に執務された。

 陛下の側近は閣議の時間が遅くなるケースについて、「一時的であれば仕方がないが、常態化するようだとご負担になりかねない」と懸念している。(芦川雄大)

告訴受理忘れうその日付記載=警部補を書類送検、減給−千葉県警(時事通信)
首相が会見でまた“勇み足”…メキシコ大統領会談(読売新聞)
津市長に松田氏が再選(時事通信)
【科学】東京スカイツリー支える技術 地下50メートルまで特殊構造の杭(産経新聞)
女性配達員殺される=首に絞められた跡−山梨(時事通信)
posted by キツタ ミツオ at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。